夜発の日帰りスキーバス

日帰りでスキーをする場合は、滑る時間が限られがちです。


せっかく現地まで行くわけですから、なるべくたっぷり時間をとって滑りたいものです。


宿泊せずに、滑る時間を多くとる方法として人気なのが、夜発日帰りスキーバスです。

この日帰りスキーバスを使えば、朝から目いっぱい滑ることができます。


3列独立シートのバスなら、車内で寝入ることも容易にできそうです。バスに乗り込んでしまいさえすれば、ぐっすり寝入っても乗り過ごす心配もないので、時間をうまく活用できる方法と言えそうです。

スノボツアーは評判がとっても良くて有名です。

ただ、夜発であるため、集合場所がたいへんわかりづらくなるのが難点です。
その点、注意が必要です。相当前もって家を出るようにしなくてはなりません。

@niftyニュースの検索がとっても楽になりました。

集合時間に間に合わなくなっても、バスは定刻に発車します。当日キャンセルの場合、バス出発前に連絡がつけば、50%の払い戻しが受けられることもありますが、集合場所がわからなくて乗り遅れるという事態はぜひとも避けたいものです。

夜発の場合は、そうなる可能性が高まるため、初めて使う集合場所の場合は、事前によくよく下調べをしておくことが大事です。

夜だと、道路には照明があるものの、周囲は真っ暗ですから、スマートフォンの地図を頼りにといっても、難しい面があります。


スマートフォンの画面は小さくて地図としては見づらいため、事前にパソコン画面で目安をつけておくことです。
ビル名を頼りに探すことはできません。



他の目印を見つけておきましょう。